ユネスコスクールに加盟し、地域の人々との「かかわり」や「つながり」を大切にした、「子ども民生委員活動」を展開しています。
「大牟田・中友PR! キッズまんじゅうを作ろう」についてもご紹介します。

 中友校区の民生委員さんから「民生委員」としての仕事内容をていねいに教えていただきました。そして、「子ども民生委員」の委嘱状を交付していただきました。一人ひとり名刺もいただき、これからの活動に向けて、やる気いっぱいになりました。     

 「子ども民生委員活動」がスタートしました。おそろいのオレンジのジャケットに帽子をかぶり、名刺とアクリルたわしをプレゼントに、地域の方々へのご挨拶にまわりました。緊張しながらも、ていねいにご挨拶できていました。これからの活動が楽しみです。
 これから、「運動会のご案内」「中友ふれあいバザーのご案内」「中友診療所訪問」など「子ども民生委員」の活動を充実させていきたいと思います。  
新たに開発した「大牟田・中友PR! キッズまんじゅうを作ろう」についてもご紹介します。

 「子ども大牟田検定ガイドブック」には、大牟田市は「まんじゅう王国」とあります。
 以前、石炭を掘る大変な仕事をしていた人々が、疲れをいやすために食べたのが、甘いお菓子「まんじゅう」でした。それに応えるように、大牟田にはたくさんのお菓子屋さんができました。大牟田の歴史とまんじゅうは、深いつながりがあったのです。
 そのまんじゅうを題材に、校区の3軒の老舗のお菓子屋さんの支援を得て、地域のよさを伝える「キッズまんじゅう」を作ります。カステラまんじゅう作りを体験させていただいたり、子どもたちがデザインしたまんじゅうを形にしていただいたり、大変お世話になりました。

 
   
              ユネスコスクール加盟承認・平成24年1月