大牟田市立みなと小学校
トップページ 学校行事 校内研究 特色ある取り組み みんなの活動
         海洋教育    
 本校は、大牟田市海洋教育推進校として、天領小学校、駛馬小学校、天の原小学校と協働しながら海洋教育に取り組んでいます。教育課程特例校として「海の時間」を創設し、海の様々な問題や恩恵を学習することを通して、子どもたちが持続可能な社会を創る一員としての資質・能力を身に付けることを目指しています。
1 海洋教育の目的
       海洋教育の四つの視点
●海に親しむ 
 海の豊かな自然や身近な地域社会の中での様々な体験活動を通じて、海に対する豊かな感受性や海に対する関心等を培い、海の自然に親しみ、海に進んで関わろうとする児童・生徒を育成する。
●海を知る
 海の自然や資源、海をとりまく人や社会との深いかかわりについて関心をもち、進んで調べようとする児童・生徒を育成する。
●海を守る
 海の環境について調べる活動やその保全活動などの体験を通じて、海の環境保全に主体的に関わろうとする児童・生徒を育成する。
●海を活用する
 水産物や資源、船舶を用いた人や物の輸送、また、海を通じた世界の人々との結びつきについて理解し、それらを持続的に活用することの大切さを理解できる児童・生徒を育成する。
 2 海洋教育の展開
 
  3 海洋教育の成果と課題
・海洋教育実践報告書(PDF)