平成18年6月5日(月)に本校創立100年を迎えました。創立の日を記念して、「石すべり台」の記念碑化と校門の門柱に英語版の校名プレートを設置しました。秋には、宇宙飛行士 毛利 衛 氏による記念講演会や記念式典を行いました。
6月5日は、記念事業として全校集会を行い、その後、「石のすべり台」の記念碑と学校の英語の銘板の除幕式を行いました。
創立100周年記念事業
11月1日から9日まで、本校体育館のミーティングルームにて、「100年のあゆみ写真展」が開催されました。この間の入場者は367名で、どなたも懐かしい写真に見入っておられました。
11月11日には、文化会館大ホールで宇宙飛行士毛利衛さんによる記念講演会が開かれました。毛利さんの講演「宇宙からの贈り物」は、体験談などをとり入れた楽しいトークで、時間がたつのも忘れるほど有意義な時間を頂きました。質問タイムでは、入場者1400名にあふれた会場に降りて子どもたちと向き合い、一つ一つの質問にていねいに答えてくださいました。
子どもたちの発表に大きな拍手がわき上がりました。「たくさんの先輩方の前で発表するのはとても緊張したけど、100周年という大事な式に参加できて思い出になりました。昔の明治小の人たちに負けないような元気な明治の子でいたいです。」(6年児童)
11月12日には明治小体育館において、ゆかりのある来賓の方々、地域の皆さま、そして保護者を招いての記念式典が行われました。式典の中で、昔の明治小学校を調べてまとめた5、6年生のナレーションをもとに、在校児童全員による発表が行われました。明治小の歴史や現在の学習の様子、将来の夢を、合唱、寸劇、プレゼンテーションと趣向をこらし、100周年のお祝いに華を添えました。
記念碑除幕式