上内小の自慢

自然がいっぱい
 
少ない人数での楽しい学習
 学校のそばには山や川があって、自然がいっぱいで豊かです。学校のすぐそばを流れる汐井川では、きれいな環境を好む魚やサワガニが棲んでいますし、夏にはホタルがたくさん飛んできれいです。    各学年10名前後の少人数のクラスです。少人数での学習活動により一人あたりの発表やいろいろな活動の機会が増えます。一人ひとりの児童は、じっくりと学習に取り組んでいます。
 
校内にもたくさんの生き物たち
 
少人数(8名)で国語の授業

みんな仲良し
 
保護者・地域の方々の協力
 児童も職員もみんなの氏名を知っています。一緒に登校したり遊んだりするので、みんなとっても仲良しです。
 上級生のお兄さんやお姉さんはとても優しいですよ。
   ふれあい運動会、子ども相撲・ふれあい広場、地域ドッジボール大会など地域の人たちと一緒の活動が数多く催されて、いつもたくさんの協力をいただいています。

ふれあい給食の縦割りグループ
 
地域行事の子ども相撲大会

スポーツ大好き
 
豊かな環境
 休み時間には、一輪車や竹馬を使ったり、ボール運動をしたりしています。  放課後は、ソフトボールクラブにたくさんの児童が入部し、練習に励んでいます。地域の方々が熱心に指導してくださいます。
 
   校区には、みかん園、花ぷらす館、リフレス、バイオファクトリー等の自然環境を生かした施設の他にも、ソーラーパネルの工場や世界の工作機械に使われるドリルの工場など最先端技術の工場があります。

ソフトボールクラブの練習
 
花ぷらす館